畳の規格

畳の大きさとサイズの規格

畳といっても同じサイズではなく、何種類かの規格が存在します。
また畳はお部屋に合わせてオーダーメイドで作るものですので、同じ規格でも一枚一枚微妙にサイズが違います。

五八間

五八間 「ごはちま」と読みます。江戸間関東間とも呼ばれます。
全国的に主流になっているサイズです。
大きさは 176㎝×88㎝×5.5㎝ です。

本間間

本間間 「ほんけんま」と読みます。
京間関西間とも呼ばれます。
大きさは 191㎝×95.5㎝×5.5㎝ です。
五八間よりも一回り大きなサイズになります。

三六間

三六間 「さぶろくま」と読みます。
中京間とも言います。
大きさは 182㎝×91㎝×5.5㎝ です。
五八間と本間間との中間のサイズになります。

五六間

五六間 「ごろくま」と読みます。
アパート、マンションなどの集合住宅で多く採用されたため団地間(だんちま)と呼ばれます。
大きさは 170㎝×85㎝×5.5㎝ です。

 

投稿日:

Copyright© ゆたか畳ねっと , 2019 All Rights Reserved.